美脚な小悪魔風俗嬢

僕のことをわかってくれるのは風像嬢だけ

僕のことは、誰もわかってくれませんでした。今まで、僕は大学院まで進み、自分の研究を進めてきました。しかし、その研究は誰に認めてもらうこともできず、結果的にニートと何も変わらない生活を送っています。大学院を卒業した後は研究員になったのですが、未熟な研究員の給料なんて、本当に雀の涙ですからね。他にもバイトをしていて、それで生計を立てています。そんな中、最近ハマってしまったのが風俗です。風俗って言っても、デリヘルなので自宅に来てもらうだけなのですが、このサービスがとても良いんです。僕のことを認めてくれる女の子がたくさんいて、「それはすごいね」と言ってくれます。いや、彼女たちは何も理解していないと思いますが、僕はその言葉だけで十分に癒されています。人に認めてもらえるのって、こんなにも嬉しいんだなって思いますね。正直、まだまだ僕は未熟です。これからもバイト生活でしょうね。でも、風俗があれば頑張れる気がします。次のデリヘルも期待しちゃうなぁ。